LINK

実際にPCの前で、リアルタイムで上下している為替レートを見ていると、何やら売り買いをしたいという抑えようの無い感情が沸き起こる人も少なくありません。なるべく貸し借りはしない

だがしかし、ぼんやりした考えで注文するのだけは、断じてしてはいけません。メールレディ

確かに、相場は24時間、休みなくどこかの市場は関いているし、市場も常時変動している。コディナ アロエジェル

しかしながら、立て続けに売買を重ねていると、その回数だけマイナスになる確率が上がります。サクナサク

もちろん、注文の数を増やすことによって、次第に稼げる可能性が五分五分になるのは事実です。マイクレ

けれどもその事は「ぼんやりとしたインスピレーションで注文」してしまうこととは話が違います。ブライトリング 腕時計

取引回数を重ねるということは自ずから「ここで勝負」と考え付いた確信を得たケースでの売買回数を増やすという意味です。コンブチャクレンズ

ただ何となく、次々と売り買いを積むのとは全く異なります。

外国為替相場の戦いに勝つためには、己で意識してけじめをつけることが肝心です。

「ここで勝負」と考えたマーケットの時にはいっそのこと所持ポジションを増やして積極的に儲けを追求します。

「少し分かりにくい市場でどう上下するのか思いつかないな」と思い至った時は執着しないで所有ポジションを見切りをつけて何もしない。

それぐらいのけじめをつけた方が結果的にはエントリーはうまくいきます。

外国為替市場の格言には「休むも相場」という言葉があります。

まさに言葉どおりだと思います。

取引とは、いかなる時でもポジションを保有する事が全部ではなく、どのポジションも保有せず静観していることも時には相場です。

それでは、どういった時に休めばよいのだろうか。

最初に言われるのが前述の通り、現在の外国為替相場が理解できない時です。

現状から上がるのか下がるのか明確でない時はヘタに動くと、自分で考えた筋書きとは逆の方向に外国為替相場が変化してしまい、損失を被る事になります。

そういう場合はポジションを閉じ、様子を見ているのがいいだろう。

次に、自分の体の具合があまりよくない時です。

体の状態とマーケットに関係がない思う方もいると思いますが実は大きく関係あります。

健康状態が悪い時は、マーケットの大少な局面で、冷静な決断を下すことが難しくなります。

関心がわかない時は、取引から目をそらす事も重要な事です。