LINK

FX初心者の方が市場の要所を押さえるには、第一に取引経験を積み重ねていく事が不可欠です。

前もってピンチを感づくようになるには、間違いを積むことも重要です。

ただし、失敗するといってもやり直しが効かないほど重大な失敗をする事は出来ません。

取り戻せるぐらいの負けを何度も重ねる事が結果的に自身の経験値を高めてくれるはずだ。

この考えでは最初は少ない額で取引を行い、幾度か取り戻せるマイナスを経験することが大切です。

たとえば、100万円しか投資資金がない場面で、いきなり100万円を全額使って注文すると、間違えた時その後やり直せない怖さがあります。

それよりは、ひとつの例として10%ずつ分けて取引して、これによってマイナスやプラスを積み重ねた方が着実に間違いをカバーする手段なども覚えるはずです。

まずはじめにわずかな額で取引する事のメリットは先に書いたように自分自身の実戦を増やし負けを制御する術を身につけることにあるがそれと一緒に、注文の回数を重ねて、危険性を削減できるという良い点もあります。

1回の売買で勝てる確率が50%とします。

同じだけマイナスになる可能性もあります。

勝率50%ということは半分の比率で勝利できる事を意味しています。

ところが、全てを賭けて1度だけの仕掛けをするということは、明確な勝ちか、負けの片方になってしまいます。

そのままでは単なる丁半バクチと同じ。

要するに、全ての投資資金を賭けて1回こっきりの売買しないと、この分だけ損が生じる危険性が高まります。

だから、投資するお金を全て使うのではなく、いくつかに分けて投資回数を増やす事がリスク分散となります。

ただ何回かに分けたとしても、すべてに稼ぐ事は不可欠ではありません。

というか、勝つことが出来ないのが実情です。

売買で肝心なのは、勝つ確率ではなく、どのくらい利益を出すかです。

勝率が2分の1でも例えば3割でも利益を出す事は出来ます。

5割以上負けても損失がわずかであれば少ない勝ちの儲けの大きさだけで相当稼げます。

そのために重要な事は、損失を少なく、利益を大きくを忘れない事です。

マイナスになったら素早くロスカット注文して、逆に勝てる場面では上手に稼ぐ事が、FX取引の経験の浅い方がFXでプラスになるための極意です。